グレードアップ制度

グレートアップ(昇格)にトライ

キャストには「M・A・G・I・C」の5段階のグレードが設定されており、業務内容や習熟度合いに応じたグレードアップにトライすることができます。

Mキャスト

上司や先輩のサポートを得ながら標準的なオペレーションができる。
“Make up(化粧する)”
一人前のキャストとして舞台に立つ準備をする期間という意味。

Aキャスト

独力で標準的なオペレーションができる。
“Action!(映画や舞台で演技を始めるときの監督のかけ声)”
一人前のキャストとして演技を始めるという意味。

Gキャスト

独力で標準的なオペレーションができ、スキル面や精神面で後輩のサポートができる。
“Growing up(成長する)”
キャストとして成長し後輩達を優しく見守るという意味。

Iキャスト(選抜者)

他者の手本となり得るオペレーションができる。後輩に指導ができる。
“Instruct(教える、指導する)”
自ら演じるだけでなく新しいキャストを指導するという意味。

Cキャスト(選抜者)

ロケーション(職場)全体の視点でオペレーションができる。
“Captain(チームをまとめる)”
自ら演じながらロケーション全体を統率するという意味。

※グレードアップした際には、そのグレードに求められる意識や行動を伝える教育プログラムを受講することとなっており、キャスト一人ひとりの成長を支援します。

このページのトップへ戻る

ログイン メルマガ登録